野球ベットの方法 ― 基本ガイド

野球ベッティングガイド

スポーツについて何も知らなくて、それでも賭けをしたいという衝動に駆られているようであれば、野球が一番簡単です。ポイントスプレッドやその他の混乱する計算が入り混じったサッカーやバスケットボールとは対照的に、野球のベッティングでは試合の結果にお金を置くだけです。加えて、野球のシーズンは長く続きます。つまり、試合数が多く、勝ったお金を家に持って帰るチャンスが多いということです。こちらでは野球ベッティングのガイドを段階的に紹介します。

ポイントスプレッドとは?

ポイントスプレッドとはサッカーやバスケットボールベッティングで提供されている一番多いオンラインベッティングタイプ。スポーツブックが特定の試合のオッズをスプレッドします。一番勝ちそうな本命のチームからポイントを差し引き、もし勝てばビックリの負けそうなチームにポイントを追加します。

マネーラインとは?

野球ベッティングではオンラインブックメーカーは試合結果で厳密にオッズを設定します。アクションをイーブンにするために、ベッターは本命ではもっとお金のリスクを背負い、負けそうな法ではリスクが少なくなります。これがマネーラインというものです。

例えば、マネーラインが本命では-1,700、負けそうなチームが+1,500だとします。その場合には、1,000円稼ぐために、本命には1,700円ベットしなければなりません。逆に、負けそうなチームに1,000円ベットすると、最終的に試合に勝てば1,500円獲得することになります。

本命の-1,700と負けそうなチームの+1,500の違いは、20セントラインとして知られています。マネーラインが本命でマイナス、負けそうな方が+1,500の場合には、10セントラインまたはダイムラインと呼ばれています。15セントラインも野球ベッティングではよくあります。

スポーツブックはオンライン野球ベッティングでトータルベットとランラインも提供します。

1) 合計ベット:

この賭けは両チームが得点したランの合計をベースとしています。例えば、スポーツブックが試合の合計をオーバー・アンダー7で設定している場合には、両チームが獲得した合計得点が7点を超えるとオーバーが勝ち、合計得点が7点以下の場合には、アンダーが勝ちとなります。

2) ラインライン:

この賭けはポイントスプレッドの野球バリエーション。ランラインにベットしている時には、-1.5としてマークされているか、+1.5としてマークされている1点以内にとどまっている、1点以上で勝ついずれかのチームにベッティングしています。

最後に:

マネーラインはサッカーやバスケットボールのベッティングよりも野球ベッティングを簡単にしますが、もっと複雑なペイオフ計算となります:

1) 本命チームに賭けている時にペイオフ計算をするためには、本命の金額に1を追加して、本命の金額でそれを割らなくてはいけません。

2) 負けそうなチームに賭けている時にペイオフを計算するためには、負けそうなチームの金額に1を足さなくてはなりません。